カードの問題が起きた場合は素早く対処をしてほしい

地方のデビットカードの事故受付時間は24時間ではない

法整備がなっていないのだ。偽造カードに対する法律の取り締まりはどうなっているのか。偽造カードにはいくつかの工程がある。まず他人のデータを盗む行為。それをもとに偽造カードを作る行為。そして偽造カードを所持し、最終的には使う行為。使用については、偽造カードを使って加盟店から不正に商品を盗むのだから詐欺罪に当たることは疑う余地がない。問題は使用する前の予備段階でどう取り締まっているかである。第一段階のデータを盗むことについてはまったくの野放し状態だ。

偽造カードを製造することについては、有印私文書偽造罪がある。クレジットカードには、発行者であるカード会社の名前や所有者のエンボスが記されている。これを私文書と見なす。「偽造工場の摘発に同法を適用した例が数件ある」(日本クレジットカード協会)という。また、クレジットカードは紙に書いてあるわけではない。磁気カードにデータが記されている。そこで法改正をし、電磁的記録不正作出罪が用意された。

だが、私文書偽造のほうが量刑が重いため、クレジットカードの偽造事件には電磁的記録不正作出罪よりも私文書偽造を優先して適用する傾向がある。また最近、海外ブランドのクレジットカードが大量に持ち込まれようとした事件では、商標を偽り侵害したとして商標法違反を適用、立件しようとしている。高級ブランド品のニセ物が出回り話題を集めるが、その摘発と同じスタイルである。偽造カードの所持については、使用目的の所持についてのみ詐欺行為の準備罪として取り締まれる。しかし、「拾った」「預かった」と犯人にいい逃れられればそれまでである。
家や車などの担保を用意することなく、どのような方でもとても手軽にお金を借りることが出来るのが、キャッシングの大きなメリットの一つでしょう。財産が無い方でも、ご融資出来ます。
相続税が払えずに家屋や土地を処分した』という話を耳にした事があるので、他人から財産を譲り受ける事は大変な負担なんだと考えていました。でも5千万円までは課税されないと言う事を知り気が軽くなりました。


たとえ自分の預金であろうと1日にデビットカードで決済できる金額はここまでと定めているからだ。リスクの範囲はその金額を覚悟すれば済み、利用者が許容している。なぜ、Jデビットはオンライン処理をしてまで便利さにこだわったのだろうか。「都市銀行と郵貯の奢りに他ならない。

クレジットカードの被害を見ても動じなかった。暗証番号さえ抜かれなければ偽造は防げるという思いだ。それにリスク対策を施し万全な策を築くにはコストがいくらかかるか分からない。それより使い勝手を優先させたほうが得策」。銀行内部からの発言である。海外と日本のデビットカードであるJデビットを比較すると、一件当たりの決済金額の差が大きい。海外のデビットは一件当たり数百円であるのに、Jデビットは3万円前後に上る。

What's New
2013/09/17 注目情報を更新しました。
2013/09/13 新着記事を更新しました。
2013/09/12 事故の受付時間を更新しました。
2013/09/09 銀行強盗の防御策を更新しました。
2013/09/07 買い回りとは?を更新しました。
2013/09/05 処罰の対象を更新しました。
2013/09/04 地方のデビットカードの事故受付時間は24時間ではないを更新しました。
2013/09/01 ホームページをリニューアルしました。

Pickup Site
キャッシングアカデミーキャッシングくらべる君 クレジットはUCカード
キャッシングの基本から実際の体験談まで多くの情報がわかりやすく掲載されているサイトです。匿名で、複数の企業のキャッシング限度額や借入条件を一括に検索し比較できるサイトです。永久不滅のUCからご提案するキャッシングサービスのご紹介ページです。